スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク
子どもに気付かせてもらった食育 
*** もと・保育士さんのぽつり ある日の給食時間の思い出 ***


タッ君(3歳児)
: 先生~、僕ね、先生大好きなの。だからこれあげるね。(にっこり)

私 
: わ~、嬉しいな! タッ君 ありがとう。何かなぁ???
(な、なんと~~!!見てみると・・・そのコップの中には、給食のシチューから取り出した、
タッ君の苦手なグリンピースが!)


私 
: あれ、僕を食べると元気もりもりになって大きくなるから、タッ君に食べて欲しいのーって
グリンピースが言ってるよー。

タッ君
: え~!!??  もう、 グリンピースのばか~~~!!


(・・・ コップに向かって本気で怒ってたんですよ(笑) なんとも微笑ましくて可愛かったです。)



: タッ君、グリンピースどうする?今日は一粒だけ食べてみよっか?
昨日は食べれなかったグリンピースが、今日は食べれるようになるってすごーくすごーく
すごいことなんだよ。

タッ君が、今嫌だー!って逃げずに頑張れたら、これからね、何でも頑張れる 強ーい心を持っている
お兄ちゃんになれるよ。

お父さんお母さんも、タッ君すごい!ってびっくりして、とっても喜ぶと思うよ。




(すると その後、一つだけ、ぱくっとお口に入れて食べたんです!!!そして・・・、)


タッ君
: 先生~、これ美味しいよ?(首をひねってボソッと)


今まで絶対に口にしなかったのに!! 嬉しくて、タッ君をたくさん褒めて一緒に喜びました。
それから、少しずつ食べる量も増え、ついには残さず食べれるようになりました。

食べれるようになった経験がタッ君に自信をつけてくれたことは 言うまでもありません。


給食の先生(調理師さん)の話によると
その日のグリンピースは、ご父兄の方が差し入れして下さった、自家製菜園の無農薬の
グリンピースだったそうです。


朝もぎたての新鮮なグリンピース!
タッ君には、旬のグリンピースの美味しさが わかったのです!


こども達の食を守ることの大切さを再認識させてもらえた、感謝した出来事でした。




ポチっと宜しくお願いしまーす(*・ω・)*_ _)ペコリ

   にほんブログ村 スイーツブログ 手作りおやつへ
    にほんブログ村


今日もありがとうございましたlove003
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://kodomooyatu.blog9.fc2.com/tb.php/9-e2310608

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。